Results 検索結果

カテゴリー

イベントレポート

イベント実施月

-

キーワード

-

20件中1~20件表示

NEW
一般参加可

公開イベント/歴史散策&街歩き/イベントレポート

【第2期】大山詣~歴史散策と健康ウォーキング 第10回

6月に天候不良のため延期になっていた大山詣第10回を開催いたします!   「富士に登らば、大山に登るべし。大山に登らば、富士に登るべし。」といわれる大山。 江戸庶民の大山詣りの道として盛んに利用された大山街道の面影をたどって、歴史ガイドの達人・菅原講師の語りをイヤホンレシーバーで楽しみながらの健康ウォーキング です。 江戸・赤坂御門より大山阿夫利神社下社までの約70kmを10回に分けて歩きます。 歩くことでの健康維持はもちろんですが、「現在につながる歴史がわかりやすくてためになる」菅原講師の解説も大好評です。 【第2期 大山詣】の第10回は、諏訪神社~大山阿夫利神社下社(ゴール)です。 女坂の七不思議も学びながら登ります。 登頂後は正式参拝を行います。 急な上り坂がありますのでトレッキングの服装・スニーカーでご参加ください。 [歩行距離 約3.5km]   歴史専門ガイド 菅原司郎  

日時・時間

2019年9月14日(土)10:00〜15:00

参加費

OPクレジットカード会員さま 4,500 円(特別価格)

OPクレジットカード会員以外のお客さま 5,000円

※昼食付き。

申込終了
満席

小田急沿線再発見/酒を学ぶ講座/イベントレポート/関連商品ご紹介付講座

ありがとう 特急ロマンスカー・LSE(貸切)に乗車!車内で楽しむ「神奈川地酒 利き酒会」

2018年7月10日(火)をもって定期運行を終了した、特急ロマンスカー・LSE(7000形)。引退前の臨時列車として4回のイベント列車が企画されましたが、今回はその第3弾、「小田急まなたび」主催の「神奈川地酒 利き酒会」です。車内には神奈川県酒造組合13蔵の蔵人が同乗し、順番に13蔵の利き酒をお楽しみいただきます。司会には、フリーアナウンサー・和酒コーディネーター“あおい有紀氏”をお迎えし、小田急センチュリー相模大野の「ソムリエ」小牧氏と小田急レストランシステムの「酒匠」小池氏も同行します。 ロマンスカーは、新宿駅を出発し、多摩川を渡り相模川を越え、車窓に丹沢山系の山並みをながめつつ小田原に向かいます。 蔵元マップ 神奈川県酒造組合ホームページへ 神奈川の酒造場は、丹沢山系を源とする相模川や酒匂川からの豊かな伏流水を仕込み水として利用しており、そのため2つの川に沿うように分布しています。環境省が選定した「名水百選」にも山北町の酒水の滝・滝沢川と秦野にある弘法の 清水、今泉湧水池、曽屋神社、春巌水源といった秦野盆地湧水群が選ばれるなど、丹沢山系の水は「美水」であることが知られています。ご参加のみなさまには、車窓からぜひそんな水源にも思いを馳せながら、珠玉の一杯をお楽しみいただけたら幸いです。  

日時・時間

2018年10月8日(月・祝)12:40新宿駅発

参加費

NEW
一般参加可
申込終了

公開イベント/歴史散策&街歩き/イベントレポート

【第2期】大山詣~歴史散策と健康ウォーキング 第8回

「富士に登らば、大山に登るべし。大山に登らば、富士に登るべし。」といわれる大山。江戸庶民の大山詣りの道として盛んに利用された大山街道の面影をたどって、歴史ガイドの達人・菅原講師の語りをイヤホンレシーバーで楽しみながらの健康ウォーキング です。江戸・赤坂御門より大山阿夫利神社下社までの約70kmを10回に分けて歩きます。 【第2期 大山詣】の第8回は、本厚木~愛甲石田です。 ※第8回の日程が当初予定(4月10日)より変更になっておりますのでご注意ください。   今年の1月に江戸を発った「第1期」のみなさまは、6月までの6区間で海老名市まで到達。猛暑の夏は避けて、9月から12月までの4回で大山に達します。歩くことでの健康維持はもちろんですが、「現在につながる歴史がわかりやすくてためになる」菅原講師の解説も人気があり、毎回20~25名の方々に継続してご参加いただいています。 【第2期】では、9月に赤坂御門を出発し、来年の夏前までの10ヶ月間で大山を目指します。半周先を行く「第1期」と同じコース区分ですので、「第1期」に現在参加されている方で、これまでに歩き逃した(菅原氏の解説を聞き逃した)区間がおありの方は、その区間単体でのご参加も大歓迎です。 歴史専門ガイド 菅原司郎  

日時・時間

2019年4月13日(土)10:00〜15:00

参加費

OPクレジットカード会員さま 4,500 円

OPクレジットカード会員以外のお客さま 5,000円

※昼食付き。

一般参加可
申込終了

公開イベント/歴史散策&街歩き/イベントレポート

【第2期】大山詣~歴史散策と健康ウォーキング 第6回

「富士に登らば、大山に登るべし。大山に登らば、富士に登るべし。」といわれる大山。江戸庶民の大山詣りの道として盛んに利用された大山街道の面影をたどって、歴史ガイドの達人・菅原講師の語りをイヤホンレシーバーで楽しみながらの健康ウォーキング です。江戸・赤坂御門より大山阿夫利神社下社までの約70kmを10回に分けて歩きます。 【第2期 大山詣】の第6回は、すずかけ台~さがみ野です。 ※第6回の開催日は当初予定(2月13日)より変更になりましたのでご注意ください。   今年の1月に江戸を発った「第1期」のみなさまは、6月までの6区間で海老名市まで到達。猛暑の夏は避けて、9月から12月までの4回で大山に到達します。歩くことでの健康維持はもちろんですが、「現在につながる歴史がわかりやすくてためになる」菅原講師の解説も人気があり、毎回20~25名の方々に継続してご参加いただいています。 この【第2期】では、9月に赤坂御門を出発し、来年の夏前までの10ヶ月間で大山を目指します。半周先を行く「第1期」と同じコース区分ですので、「第1期」に現在参加されている方で、これまでに歩き逃した(菅原氏の解説を聞き逃した)区間がおありの方は、その区間単体でのご参加も大歓迎です。 歴史専門ガイド 菅原司郎  

日時・時間

2019年2月23日(土)10:00〜15:00

参加費

OPクレジットカード会員さま 4,500 円

OPクレジットカード会員以外のお客さま 5,000円

※昼食付き。

一般参加可
申込終了

公開イベント/歴史散策&街歩き/イベントレポート

【第2期】大山詣~歴史散策と健康ウォーキング 第7回

「富士に登らば、大山に登るべし。大山に登らば、富士に登るべし。」といわれる大山。江戸庶民の大山詣りの道として盛んに利用された大山街道の面影をたどって、歴史ガイドの達人・菅原講師の語りをイヤホンレシーバーで楽しみながらの健康ウォーキング です。江戸・赤坂御門より大山阿夫利神社下社までの約70kmを10回に分けて歩きます。 【第2期 大山詣】の第7回は、さがみ野~本厚木です。 ※第7回の日程が当初予定(3月13日)より変更になりましたのでご注意ください。   今年の1月に江戸を発った「第1期」のみなさまは、6月までの6区間で海老名市まで到達。猛暑の夏は避けて、9月から12月までの4回で大山に達します。歩くことでの健康維持はもちろんですが、「現在につながる歴史がわかりやすくてためになる」菅原講師の解説も人気があり、毎回20~25名の方々に継続してご参加いただいています。 この【第2期】では、9月に赤坂御門を出発し、来年の夏前までの10ヶ月間で大山を目指します。半周先を行く「第1期」と同じコース区分ですので、「第1期」に現在参加されている方で、これまでに歩き逃した(菅原氏の解説を聞き逃した)区間がおありの方は、その区間単体でのご参加も大歓迎です。 歴史専門ガイド 菅原司郎  

日時・時間

2019年3月23日(土)10:00〜15:00

参加費

OPクレジットカード会員さま 4,500 円

OPクレジットカード会員以外のお客さま 5,000円

※昼食付き。

一般参加可
申込終了

公開イベント/歴史散策&街歩き/イベントレポート

【第2期】大山詣~歴史散策と健康ウォーキング 第5回

「富士に登らば、大山に登るべし。大山に登らば、富士に登るべし。」といわれる大山。江戸庶民の大山詣りの道として盛んに利用された大山街道の面影をたどって、歴史ガイドの達人・菅原講師の語りをイヤホンレシーバーで楽しみながらの健康ウォーキング です。江戸・赤坂御門より大山阿夫利神社下社までの約70kmを10回に分けて歩きます。 【第2期 大山詣】の第5回は、藤が丘~すずかけ台です。 ※第5回の開催日は当初予定(1月9日)より変更になりましたのでご注意ください。   今年の1月に江戸を発った「第1期」のみなさまは、6月までの6区間で海老名市まで到達。猛暑の夏は避けて、9月から12月までの4回で大山を目指します。歩くことでの健康維持はもちろんですが、「現在につながる歴史がわかりやすくてためになる」菅原講師の解説も人気があり、毎回20~25名の方々に継続してご参加いただいています。 【第2期】では、9月に赤坂御門を出発し、来年の夏前までの10ヶ月間で大山を目指します。半周先を行く「第1期」と同じコース区分ですので、「第1期」に現在参加されている方で、これまでに歩き逃した(菅原氏の解説を聞き逃した)区間がおありの方は、その区間単体でのご参加も大歓迎です。 歴史専門ガイド 菅原司郎  

日時・時間

2019年1月26日(土)10:00〜15:00

参加費

OPクレジットカード会員さま 4,500 円

OPクレジットカード会員以外のお客さま 5,000円

※昼食付き。

一般参加可
申込終了

公開イベント/歴史散策&街歩き/イベントレポート

【第2期】大山詣~歴史散策と健康ウォーキング 第9回《追加募集》

「富士に登らば、大山に登るべし。大山に登らば、富士に登るべし。」といわれる大山。江戸庶民の大山詣りの道として盛んに利用された大山街道の面影をたどって、歴史ガイドの達人・菅原講師の語りをイヤホンレシーバーで楽しみながらの健康ウォーキング です。江戸・赤坂御門より大山阿夫利神社下社までの約70kmを10回に分けて歩きます。歩くことでの健康維持はもちろんですが、「現在につながる歴史がわかりやすくてためになる」菅原講師の解説も大好評です。 第9回は、愛甲石田~諏訪神社です。太田道灌ゆかりの地を訪ねつつ、諏訪神社まで歩きます。ランチは伊勢原で評判のイタリアンアルベロベッロです。(歩く距離 約7.5km)     第10回 諏訪神社~大山阿夫利神社下社(ゴール)はこちら       歴史専門ガイド 菅原司郎   《追加募集》本イベントは、申し込み締切日(5月1日)以降も、オンライン申し込みに限定して5月7日(火)まで追加募集をさせていただきます。オンラインでお申し込みいただいたお客さまには、翌営業日内に、ご案内メールを送信させていただきます。

日時・時間

2019年5月11日(土)10:00〜15:00

参加費

OPクレジットカード会員さま 4,500 円

OPクレジットカード会員以外のお客さま 5,000円

※昼食付き。

NEW
申込終了

歴史散策&街歩き/イベントレポート

【特別編】第1期「大山詣」達成記念  大山登山と大山名物「豆腐料理」で昼食会

大山阿夫利神社・下社より頂上(1,252m)の本社・奥の院をガイドとともに目指します。下山後、あたご滝の目黒旅館で食事会。食事会は登山をされない方も大歓迎! 大山街道を歩かれた方、これから大山を目指す方、大山帰りに挑戦される方、“まなたび”のイベントにご興味のある方など、どなたでもご参加いただけます。 大山名物「豆腐料理」を囲み、楽しいひとときで一年の締めくくりを!   ① 登山&食事会 :大山阿夫利神社・下社、社務所前 9:30集合 ② 食事会のみ    :あたご橋「目黒旅館」 13:30集合 ③ 登山のみ         : 大山阿夫利神社・下社、社務所前 9:30集合   歴史専門ガイド 菅原司郎   大山帰り(大山~江ノ島~日本橋)がスタートします 大山詣の目的を達成した後は気持ちも軽く、江ノ島や金沢八景など名所旧跡に立ち寄り、羽を伸ばして江戸への戻り。江戸庶民の気持ちになって大山帰りを楽しみます。 初回は1月スタート。9回の予定で行います。 コースと料金については12月以降発表します。どうぞお楽しみに!

日時・時間

2018年12月15日(土)  ①9:30~15:30  ②13:30~15:30  ③9:30~13:00 (終了時間はいずれも予定)

参加費

① 登山&食事会 6,700円(お酒またはソフトドリンク1本付)
② 食事会のみ    3,500 円(お酒またはソフトドリンク1本付)
③ 登山のみ     3,200円

 

NEW
一般参加可
申込終了

公開イベント/歴史散策&街歩き/イベントレポート

【第1期】大山詣~歴史散策と健康ウォーキング 第7回

「富士に登らば、大山に登るべし。大山に登らば、富士に登るべし。」といわれる大山。江戸庶民の大山詣りの道として盛んに利用された大山街道の面影をたどって、歴史ガイドの達人・菅原講師の語りをイヤホンレシーバーで楽しみながら散策します。江戸・赤坂御門より大山阿夫利神社下社までの約70kmを10回に分けて歩きます。   地図を持つ手が寒風でかじかむ冬の江戸を発ってから、はや6ヶ月。春から初夏へと季節の変化を肌で感じながら6区間を歩覇し、大山の姿もだいぶ大きくなってきました。 猛暑の夏が過ぎれば、いよいよ大山も秋の陣。広がる田園風景や旧道の面影を味わいながら、どんどん大きくなる大山に向けて残り4区間を楽しみましょう。   第7回は、さがみ野~本厚木です。相鉄線 さがみ野から小田急線 本厚木駅まで約11.3Kmを歩きます。大山が近く、大きく、美しく望める地域が多く、旧東海古道、国分寺などの史跡を楽しみ、相模川を渡って厚木へと進んでゆきます。 単回でのご参加、お一人様でのご参加も、大歓迎です。 歴史専門ガイド 菅原司郎   大山詣~歴史散策と健康ウォーキング【第2期】がスタートします 秋に江戸・赤坂御門を出発し、来年の夏までの10ヶ月間で大山を目指す【第2期】の募集も開始します。1月に出発して12月のゴールを目指して先行する「第1期」と同じコース区分ですので、【第1期】に現在参加されている方で、これまでに歩き逃した(菅原氏の解説を聞き逃した)区間がおありの方は、その区間単体でのご参加はいかがでしょうか?

日時・時間

2018年9月22日(土)10:00〜15:00

参加費

OPクレジットカード会員さま 4,500 円

OPクレジットカード会員以外のお客さま 5,000円

※昼食付

NEW
一般参加可
申込終了

公開イベント/歴史散策&街歩き/イベントレポート

【第1期】大山詣~歴史散策と健康ウォーキング 第8回

「富士に登らば、大山に登るべし。大山に登らば、富士に登るべし。」といわれる大山。江戸庶民の大山詣りの道として盛んに利用された大山街道の面影をたどって、歴史ガイドの達人・菅原講師の語りをイヤホンレシーバーで楽しみながら散策します。江戸・赤坂御門より大山阿夫利神社下社までの約70kmを10回に分けて歩きます。   地図を持つ手が寒風でかじかむ冬の江戸を発ってから、はや6ヶ月。春から初夏へと季節の変化を肌で感じながら6区間を歩覇し、大山の姿もだいぶ大きくなってきました。 猛暑の夏が過ぎれば、いよいよ大山も秋の陣。   第8回は、小田急線 本厚木駅から愛甲石田駅まで約6.9Kmを歩きます。大山がよく見える区間を歩きます。寺や石造物なども多く、古い地名 や旧道の面影が残る飽きることのないコースです。 単回でのご参加、お一人様でのご参加も、大歓迎です。 歴史専門ガイド 菅原司郎   大山詣~歴史散策と健康ウォーキング【第2期】がスタートします 秋に江戸・赤坂御門を出発し、来年の夏までの10ヶ月間で大山を目指す【第2期】の募集も開始します。1月に出発して12月のゴールを目指して先行する「第1期」と同じコース区分ですので、【第1期】に現在参加されている方で、これまでに歩き逃した(菅原氏の解説を聞き逃した)区間がおありの方は、その区間単体でのご参加はいかがでしょうか?

日時・時間

2018年10月20日(土)10:00〜15:00

参加費

OPクレジットカード会員さま 4,500 円

OPクレジットカード会員以外のお客さま 5,000円

※昼食付

NEW
一般参加可
申込終了

公開イベント/歴史散策&街歩き/イベントレポート

【第1期】大山詣~歴史散策と健康ウォーキング 第9回

「富士に登らば、大山に登るべし。大山に登らば、富士に登るべし。」といわれる大山。江戸庶民の大山詣りの道として盛んに利用された大山街道の面影をたどって、歴史ガイドの達人・菅原講師の語りをイヤホンレシーバーで楽しみながら散策します。江戸・赤坂御門より大山阿夫利神社下社までの約70kmを10回に分けて歩きます。   地図を持つ手が寒風でかじかむ冬の江戸を発ってから、はや6ヶ月。春から初夏へと季節の変化を肌で感じながら6区間を歩覇し、大山の姿もだいぶ大きくなってきました。 猛暑の夏が過ぎれば、いよいよ大山も秋の陣。 第9回は、小田急線愛甲石田駅から石倉橋まで約6.6Kmを歩きます。厚木市から伊勢原市に入りこのシリーズもあと1回を残すばかり。道路 沿いには大きな農家や民家が混在する牧歌的な風景の中を歩きます。 ※今回(第9回)のみ時間が11:30~16:30に変更となりますのでご注意ください。 単回でのご参加、お一人様でのご参加も、大歓迎です。 歴史専門ガイド 菅原司郎   大山詣~歴史散策と健康ウォーキング【第2期】がスタートします 秋に江戸・赤坂御門を出発し、来年の夏までの10ヶ月間で大山を目指す【第2期】の募集も開始します。1月に出発して12月のゴールを目指して先行する「第1期」と同じコース区分ですので、【第1期】に現在参加されている方で、これまでに歩き逃した(菅原氏の解説を聞き逃した)区間がおありの方は、その区間単体でのご参加はいかがでしょうか?   ※今回(第9回)のみ時間が11:30~16:30に変更となりますのでご注意ください。

日時・時間

2018年11月10日(土)11:30〜16::30

参加費

OPクレジットカード会員さま 4,500 円

OPクレジットカード会員以外のお客さま 5,000円

※昼食付

NEW
一般参加可
申込終了

公開イベント/歴史散策&街歩き/イベントレポート

【第1期】大山詣~歴史散策と健康ウォーキング第10回

【当日のコース】諏訪神社 ~ 三の鳥居 ~愛宕橋~良弁滝・開山堂 ~ 大山ケーブルバス停~こま参道~女坂(大山寺)~下社(昼食・正式参拝後 15時頃解散)   「富士に登らば、大山に登るべし。大山に登らば、富士に登るべし。」といわれる大山。江戸庶民の大山詣りの道として盛んに利用された大山街道の面影をたどって、歴史ガイドの達人・菅原講師の語りをイヤホンレシーバーで楽しみながら散策します。江戸・赤坂御門より大山阿夫利神社下社までの約70kmを10回に分けて歩きます。   1月に赤坂御門を出発した「大山詣、歴史散策と健康ウォーキング 」もいよいよ最終区間です。 第10回は、石倉橋から大山阿夫利神社下社まで約5.9Kmを歩きます。すそ野の田園風景を振り返り振り返り、大山へ至る一本道は、徐々に高度を上げながら、神社参道の趣になってゆきます。追分を過ぎると、下社まではちょっとした登山。天気がよければ、江ノ島が見えてきます。 単回でのご参加、お一人様でのご参加も、大歓迎です。 歴史専門ガイド 菅原司郎   大山詣~歴史散策と健康ウォーキング【第2期】がスタートします 秋に江戸・赤坂御門を出発し、来年の夏までの10ヶ月間で大山を目指す【第2期】の募集も開始します。1月に出発して12月のゴールを目指して先行する「第1期」と同じコース区分ですので、【第1期】に現在参加されている方で、これまでに歩き逃した(菅原氏の解説を聞き逃した)区間がおありの方は、その区間単体でのご参加はいかがでしょうか?

日時・時間

2018年12月1日(土)10:00〜15:00

参加費

OPクレジットカード会員さま 4,500 円

OPクレジットカード会員以外のお客さま 5,000円

※昼食付

NEW
一般参加可
申込終了

公開イベント/歴史散策&街歩き/イベントレポート

【第2期スタート!】大山詣~歴史散策と健康ウォーキング 第1回

「富士に登らば、大山に登るべし。大山に登らば、富士に登るべし。」といわれる大山。江戸庶民の大山詣りの道として盛んに利用された大山街道の面影をたどって、歴史ガイドの達人・菅原講師の語りをイヤホンレシーバーで楽しみながらの健康ウォーキング です。江戸・赤坂御門より大山阿夫利神社下社までの約70kmを10回に分けて歩きます。   この1月に江戸を発った「第一陣」のみなさまは、6月までの6区間で海老名市まで到達。猛暑の夏は避けて、いよいよ9月からは大山詣「秋の陣」が再開、12月までの残り4回で大山を目指します。歩くことでの健康維持はもちろんですが、「現在につながる歴史がわかりやすくてためになる」菅原講師の解説も人気があり、毎回20~25名の方々に継続してご参加いただいています。 そこでこの「秋の陣」では、「9月に赤坂御門を出発し、来年の夏までの10ヶ月間で大山を目指す」第2期大山詣をスタートすることになりました。半周先を行く「第1期」と同じコース区分ですので、【第1期】に現在参加されている方で、これまでに歩き逃した(菅原氏の解説を聞き逃した)区間がおありの方は、その区間単体でのご参加も大歓迎です。   第1回は、赤坂御門~三軒茶屋です。大山道の基点、赤坂御門跡からかつての大山道(国道246号線、青山通り・玉川通り)を青山、表参道、渋谷を通り三軒茶屋を目指します。普段はビジネスやファッション街として訪れる都心部を歩く約 7.7Kmですが、実際に歩いてみると想像以上に地形の大きな高低差が実感できるコースです。まずは、赤坂豊川稲荷でこれからの道中の安全祈願から…。 歴史専門ガイド 菅原司郎  

日時・時間

2018年9月19日(水)10:00〜15:00

参加費

OPクレジットカード会員さま 3,200 円

OPクレジットカード会員以外のお客さま 3,700円

※昼食は渋谷駅近隣エリアでの各自自由昼食になります。

NEW
一般参加可
申込終了

公開イベント/歴史散策&街歩き/イベントレポート

【第2期スタート!】大山詣~歴史散策と健康ウォーキング 第2回

「富士に登らば、大山に登るべし。大山に登らば、富士に登るべし。」といわれる大山。江戸庶民の大山詣りの道として盛んに利用された大山街道の面影をたどって、歴史ガイドの達人・菅原講師の語りをイヤホンレシーバーで楽しみながらの健康ウォーキング です。江戸・赤坂御門より大山阿夫利神社下社までの約70kmを10回に分けて歩きます。   この1月に江戸を発った「第一陣」のみなさまは、6月までの6区間で海老名市まで到達。猛暑の夏は避けて、いよいよ9月からは大山詣「秋の陣」が再開、12月までの残り4回で大山を目指します。歩くことでの健康維持はもちろんですが、「現在につながる歴史がわかりやすくてためになる」菅原講師の解説も人気があり、毎回20~25名の方々に継続してご参加いただいています。 そこでこの「秋の陣」では、9月に赤坂御門を出発し、来年の夏までの10ヶ月間で大山を目指す「大山詣 第2期」をスタートすることになりました。半周先を行く「第1期」と同じコース区分ですので、【第1期】に現在参加されている方で、これまでに歩き逃した(菅原氏の解説を聞き逃した)区間がおありの方は、その区間単体でのご参加も大歓迎です。   【第2期 大山詣】の第2回は、三軒茶屋~二子玉川です。 三軒茶屋から世田谷通りを大吉寺、世田谷代官屋敷、天祖神社、慈眼時、瀬田玉川神社などをご案内しながら二子玉川駅を目指します。行程は約 7.0Kmです。 歴史専門ガイド 菅原司郎  

日時・時間

2018年10月10日(水)10:00〜15:00

参加費

OPクレジットカード会員さま 3,200 円

OPクレジットカード会員以外のお客さま 3,700円

※昼食は用賀駅付近での各自自由昼食になります。

八幡神社

NEW
一般参加可
申込終了

公開イベント/歴史散策&街歩き/イベントレポート

【第2期スタート!】大山詣~歴史散策と健康ウォーキング 第3回

「富士に登らば、大山に登るべし。大山に登らば、富士に登るべし。」といわれる大山。江戸庶民の大山詣りの道として盛んに利用された大山街道の面影をたどって、歴史ガイドの達人・菅原講師の語りをイヤホンレシーバーで楽しみながらの健康ウォーキング です。江戸・赤坂御門より大山阿夫利神社下社までの約70kmを10回に分けて歩きます。 【第2期 大山詣】の第3回は、二子玉川~鷺沼です。東急田園都市線・大井町線、二子玉川駅より鷺沼駅まで約6.4Kmを歩きます。多摩川を渡り川崎市へと入り、大山街道を西へ向かいます。第10回の「登山」を除けば、大山詣の全行程の中でも1、2を争う登り坂の多い区間です。   この1月に江戸を発った「第1期」のみなさまは、6月までの6区間で海老名市まで到達。猛暑の夏は避けて、9月から12月までの4回で大山に達します。歩くことでの健康維持はもちろんですが、「現在につながる歴史がわかりやすくてためになる」菅原講師の解説も人気があり、毎回20~25名の方々に継続してご参加いただいています。 【第2期】では、9月に赤坂御門を出発し、来年の夏前までの10ヶ月間で大山を目指します。半周先を行く「第1期」と同じコース区分ですので、「第1期」に現在参加されている方で、これまでに歩き逃した(菅原氏の解説を聞き逃した)区間がおありの方は、その区間単体でのご参加も大歓迎です。 歴史専門ガイド 菅原司郎  

日時・時間

2018年11月14日(水)10:00〜15:00

参加費

OPクレジットカード会員さま 3,200 円

OPクレジットカード会員以外のお客さま 3,700円

※昼食は溝の口付近での各自自由昼食になります。

NEW
一般参加可
申込終了

公開イベント/歴史散策&街歩き/イベントレポート

【第2期スタート!】大山詣~歴史散策と健康ウォーキング 第4回

「富士に登らば、大山に登るべし。大山に登らば、富士に登るべし。」といわれる大山。江戸庶民の大山詣りの道として盛んに利用された大山街道の面影をたどって、歴史ガイドの達人・菅原講師の語りをイヤホンレシーバーで楽しみながらの健康ウォーキング です。江戸・赤坂御門より大山阿夫利神社下社までの約70kmを10回に分けて歩きます。 【第2期 大山詣】の第4回は、鷺沼〜藤が丘です。東急田園都市線、鷺沼駅から藤が丘駅まで約7.7Kmを歩きます。 国道からはなれて丘陵地帯を数々の史跡を巡りながらゆっくりと 歩きます。   この1月に江戸を発った「第1期」のみなさまは、6月までの6区間で海老名市まで到達。猛暑の夏は避けて、9月から12月までの4回で大山に達します。歩くことでの健康維持はもちろんですが、「現在につながる歴史がわかりやすくてためになる」菅原講師の解説も人気があり、毎回20~25名の方々に継続してご参加いただいています。 【第2期】では、9月に赤坂御門を出発し、来年の夏前までの10ヶ月間で大山を目指します。半周先を行く「第1期」と同じコース区分ですので、「第1期」に現在参加されている方で、これまでに歩き逃した(菅原氏の解説を聞き逃した)区間がおありの方は、その区間単体でのご参加も大歓迎です。 歴史専門ガイド 菅原司郎  

日時・時間

2018年12月12日(水)10:00〜15:00

参加費

OPクレジットカード会員さま 4,500 円

OPクレジットカード会員以外のお客さま 5,000円

※昼食付き。

申込終了

イベントレポート/関連商品ご紹介付講座

湘南・藤沢で育まれるブランド豚肉「みやじ豚」講座

OPクレジットカード会員さまに“大人のための学びと旅”を提案する「小田急まなたび」では、地元のさまざまな宝にスポットをあて、沿線再発見講座としてご紹介しておりますが、湘南・藤沢で育まれるブランド豚肉「みやじ豚」を取り上げる試食付きの体験講座は、いつも大好評です。「柔らかくて美味しい」「脂身がさらっとしていてどんなに食べてももたれない!」とのお声をたくさんいただきます。      みやじ豚のおいしさの秘密は、「血統」「エサ」「ストレスを与えずのびのびと」というこだわりの育て方にあると、宮治社長はおっしゃいます。特に、肉の臭みや灰汁に繋がる「ストレス」を軽減するために、飼育部屋には兄弟豚しか一緒にしないという、他ではちょっと珍しい「腹飼い」をずっと実践されているため、みやじ豚は月間100頭程度しか出荷できないそうです。銘柄豚としては大変希少だということがわかります。講座では、生産者であり、肉のプロフェッショナルでもある宮治社長にご登壇いただき、みやじファミリーが50年にも及ぶ養豚経験を通じて磨き上げてきた「白く綺麗な脂肪をもつ肉質」の秘訣、こだわりなど、いろいろなお話しを直接うかがうことができる「学び」との出会いもお楽しみです。  

日時・時間
参加費

  • 1
  • 1