カテゴリー:その他

江戸切絵図を歩く(最終回) 江戸ロマンのど真ん中へ申込終了

イベント日時:
10月23日(土)10:00~13:00頃
(画像はイメージです)

まなたび「街歩き」講師陣最高齢の内田吉保氏による、大好評の江戸切絵図を訪ねる旅。国内外の歴史ガイド歴が長い内田講師は、自らの近現代史の記憶を交えての語り口が人気です。

「江戸切絵図」シリーズ最終回は、ラストにふさわしく、お江戸・東京の玄関口「東京駅」駅前に残る『北町奉行所跡』からスタートします。江戸時代、江戸城の重要な門として機能し、5月に修復工事が完了したばかりの常盤橋を渡り、神田と日本橋の境目となる竜閑川跡の路地を進み、伝馬町牢屋敷跡にて吉田松陰を偲びます。

初参加の方も大歓迎!江戸から明治へと変化した激動の時代=江戸ロマン=を、内田講師の解説のもと、一緒に体感しましょう!

【予定コース】

東京駅八重洲北口…北町奉行所跡…常盤橋…常盤公園…竜閑橋…竜閑川跡の路地…今川橋跡…伝馬町牢屋敷跡…小伝馬町駅付近(13:00頃解散)

〔歩行距離約2.5km〕


■服装・持ち物:

歩きやすい服装・靴でお越しください。

※雨天実施。現地状況によりコースの一部を変更することがあります。
※イヤホンレシーバー貸出あり

北町奉行所跡

常盤橋

吉田松陰終焉之地碑

●当日受付時の検温にご協力ください

●37.5°以上の発熱がある場合は参加をご遠慮ください。

●参加中は、マスクの着用をお願いします。

●講師の解説はイヤホンレシーバーを通して行います。

●ソーシャルディスタンスの確保にご協力ください。

詳細情報

イベント日時

10月23日(土)10:00~13:00頃

最寄駅

JR 東京駅 八重洲北口

講師

内田 吉保 (うちだ よしやす)
優々会代表
歴史や文化を探る旅を専門に、海外や国内の旅を案内。学習院大学や鶴見大学等の史学科、文化財学科の研修旅行の企画・コーディネート等を担当。皇太子殿下の歴史探求の旅に二十数回にわたって同行し、案内する。現在、歴史・遺跡を訪ねる旅を中心に「優々会」を組織して活動中。

定員

25名

参加費

OPクレジットカード会員さま 特別価格:3,500円

OPクレジットカード会員以外のお客さま:4,000円

申込期間・締切

 09月21日(火)10:00~10月13日(水)23:59

備考

受講の変更・キャンセル:受講を変更・キャンセルする場合は、速やかに、0570-550-698ダイヤル「2」(9:00~18:00 土日祝・年末年始を除く)へご連絡ください。申し込み締切日の前日(締切日の前日が土日祝日・年末年始の場合は、さらにその前日。)までにご連絡いただいた場合は、1名につき手数料(1,000円)を差し引いた金額を返金いたします。申し込み締切日以降のキャンセルにつきましては、受講料の返金はいたしませんのでご了承ください。

イベントコード
211009
211009g

WEBで申し込む

「こちらのイベントの申し込みは終了しました。」

電話で申し込む

「こちらのイベントの申し込みは終了しました。」

会場へのアクセス

東京駅八重洲北口