カテゴリー:音楽・芸能/文化

《野村萬斎出演》国立能楽堂 狂言企画公演New申込終了

イベント日時:
5月26日(水)14:00開演

池澤夏樹の短編小説を原作とし、平成29年12月の国立能楽堂特別企画公演にて初演された新作狂言「鮎」(演出・補綴 野村萬斎)を国立能楽堂では4年ぶりに再演します。

 

 

月間特集 日本人と自然 草木成仏

狂言 梟(ふくろう) 善竹忠亮(大蔵流)
狂言 蝉(せみ) 野村又三郎(和泉流)
新作狂言 鮎(あゆ) 野村萬斎

 

*字幕あり(日本語・英語)

 

 

 

≪ストーリー紹介≫

【梟】

弟の様子がおかしいと兄は山伏に祈祷を頼みます。どうやら梟が取り憑いたようだと山伏が祈り続けていると…。

 

【蝉】

『源氏物語』空蝉の歌の短冊が掛けられた松の木で休む僧の前に蝉の霊が現れ…。能仕立てで演じられる狂言です。

 

【鮎】

鮎を釣って暮らす才助の前に小吉という若者が逃げ込んできます。小吉は才助の制止を聞かず都へ出て、みるみる出世。数十年後、才助はある頼みごとを胸に小吉を訪ねます…。

 

 

 

 

国立能楽堂のHPはこちら

詳細情報

イベント日時

5月26日(水)14:00開演

場所
国立能楽堂
最寄駅

千駄ケ谷駅徒歩約5分

出演者

上記をご覧ください。

定員

まなたび枠各30名

参加費

OPクレジットカード会員さま

正面席 5,760円(一般価格6,400円)

脇正面席 4,410円(一般価格4,900円)

 

申込期間・締切

 03月22日(月)10:00~04月15日(木)23:59

備考

変更・取消・払い戻しはできません。

駐車場はございませんので、車でのご来場はご遠慮ください。

イベントコード
210506
210507

WEBで申し込む

「こちらのイベントの申し込みは終了しました。」

電話で申し込む

「こちらのイベントの申し込みは終了しました。」

会場へのアクセス

国立能楽堂