カテゴリー:公開イベント/歴史散策&街歩き/小田急沿線再発見

神奈川龍めぐり前編 第10回 伊勢原3一般参加可申込終了催行中止

イベント日時:
5月30日(土)9:30~13:30頃

 

4/14

本イベントにつきましては、新型コロナウイルスの影響拡大に伴い、開催を延期させていただくことになりました。

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お申込みいただいているお客様には、個別に郵便(お電話よりお申込み方)またはメール(オンラインにてお申込みの方)にて、ご返金方法等についてご連絡させていただきます。

また、本イベントは秋以降、昨今の状況が落ち着きましたら改めて企画し、「OPstyle」および「まなたびホームページ」にて改めてご案内させていただく予定です。

 

「神奈川龍めぐり」は、古くから神社の守護神として多くの神社仏閣に残されている「龍」をテーマに、身近に埋もれた日本の伝統的な芸術「宮彫り」の価値を地域の皆さまと再発見するツアーです。前編(全10回)では、五頭龍伝説の残る江の島から龍神(高おかみ神)の棲む大山まで22の「龍の寺社」を順番に歩いて訪ねます。縁起の良いとされる龍神の中から、ご自身の守護神(ガーディアン)と出会える旅になるかもしれません。

 

 

≪宮彫りとは≫ 主に桃山時代から江戸末期にかけて各地に建立された神社仏閣には、宮大工や彫物大工が精緻な技を競いあったといわれる装飾彫刻(宮彫り)が残されています。江戸後期、関西の彫り師に「関東に行ったら波を彫るな、伊八がいる」と言わしめた彫り師「波の伊八」(初代武志伊八信由)による波の彫刻(下左図)は、世界的に評価の高い葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」に多大な影響を与えたと言われています。

 

こうした「宮彫り」は、神社仏閣の本堂や拝殿、山門等に多数残されていますが、仏像のように本堂の中で大切に保存されてきたものは僅かで、長い間人知れず風雨に晒され、経年劣化とともにその存在が危ぶまれている芸術性の高い作品が少なくありません。

神奈川県には、鎌倉・箱根など各地に約3,000ヵ所の寺社があると言われ、その多くには、龍の彫刻が遺されています。「龍を彫らせたら右に出る者はいない」と言われた後藤利兵衛義光や、初代「波の伊八」の流れをくむ彫り師たちの作品を、神奈川で観ることができます。

 

神奈川龍めぐり前編第10回 伊勢原3

丹沢三山の一つである「大山寺」は、“大山不動”と呼ばれております。江戸城普請時にあたり活躍した神奈川の大山宮大工(半原大工とも呼ばれる)が建てた本堂には、木鼻には龍の彫り物、吐水龍など多くの龍をみることが出来ます。

“龍伝説”の大山にふさわしい寺院です。

 

【コース】伊勢原駅(9:30集合/出発)=  大山ケーブル(バス停)  …  こま参道 … 大山ケーブル駅 == 阿夫利神社駅  …  ★阿夫利神社下社  …  ★大山寺 …  大山ケーブル駅 (現地解散13:30頃) 歩行距離約1.8km

 

*マーク案内  …徒歩 = 路線バス(片道320円) ==大山ケーブル(片道640円、往復1,120円)

※大山ケーブル(バス停) から先は、階段や坂が多いため、履きなれた靴でおでかけください。

※阿夫利神社下社までの登りはケーブルに乗車しますが、下りは「女坂」を徒歩で下る予定にしています。途中、急こう配の区間もありますので、下りもケーブル乗車を希望される方がいらっしゃれば、2班に分かれます。

※運賃は、各自でご負担をお願いします。小田急線もご利用される方は、「大山フリーパスAキップ」がおトクになる場合がありますので、事前にご確認のうえお求めください。

 

★該当寺社には、本ツアーご参加の皆様が御朱印をいただけるよう予め依頼します。ご希望の方は、 御朱印料金≪300円~≫を現金で当日ご用意ください。

 

 

※小雨実施。現地事情等によりコースの一部を変更することがあります。

※当日の寺社の都合(お勤めなど)によっては、御朱印がいただけない場合や拝観箇所等が変更になる場合があります。

神奈川龍めぐり前編 用 特製御朱印帳

表紙には龍の絵柄をあしらい、「前編」で訪れるすべての神社仏閣ごとの由緒や龍の解説を盛り込んだ、上田講師手製のオリジナル御朱印帳をご用意しました。ぜひ一冊お持ちいただき、「龍めぐり」をお楽しみください。前編で訪ねる22寺社中、御朱印は、21の寺社でいただくことができます。

※表紙の絵柄はイメージです。※散策当日に、講師から直接お買い求めいただくことができます。(税込2,500円/現金払のみ)

 

 

詳細情報

イベント日時

5月30日(土)9:30~13:30頃

場所
集合場所 小田急線 伊勢原駅
講師

神奈川探龍倶楽部代表 上田 康史
江戸時代に花開いた「宮大工」の彫師の繊細な技術、芸術性に魅せられ、神奈川県下2,100以上の寺社を皮切りに、日本各地の寺社の装飾彫刻・技術を調査・研究し、世界に紹介する映像「宮彫り~MIYABORI」を制作。日本独自の文化財、芸術作品として国内外に向け周知保護活動を続けている。2019年「第9回かながわ観光大賞特別賞」受賞。

定員

25名

参加費

OPクレジットカード会員さま  2,700円

OPクレジットカード会員以外のお客さま 3,500円

申込期間・締切

03月23日(月)10:00~04月14日(火)12:00

備考

受講のキャンセル:受講をキャンセルする場合は、速やかに、0570-550-698ダイヤル「2」(9:00~18:00 年末年始・土日祝除く)へご連絡ください。当講座は、申し込み締切日の前日(締切日の前日が土日祝日の場合は、さらにその前日⇒当講座では5月19日(火))までにご連絡いただいた場合は、1名さまにつき手数料(1,000円)を差し引いた金額を返金いたします。申し込み締切日以降のキャンセルにつきましては、受講料の返金はいたしませんのでご了承ください。

 

 

イベントコード
206607
206607g

WEBで申し込む

「こちらのイベントの申し込みは終了しました。」

電話で申し込む

「こちらのイベントの申し込みは終了しました。」