Results 検索結果

カテゴリー

-

イベント実施月

-

キーワード

-

204件中1~30件表示

NEW

歴史散策&街歩き/文化

ポケカル《小田急まなたび外部提携ツアー》

  「ポケカル」とはポケットカルチャーの略称で、ポケットに入る程度の小さなサイズのちょっぴり知的なカルチャーエンターテインメントです。東京を中心とした名所・体験イベントにフォーカスし、お客様に丸一日を使わせない「お手軽に」参加いただける気軽な現地集合・現地解散のイベントです。(宿泊・交通手段はついておりません) ポケカルのラインナップは、工場・社会科見学、歴史散策、お座敷遊び、伝統芸能から、大人合コンまで…通常のツアー会社とはひと味違うプチツアーやイベントが、常時200以上用意されています。 小田急まなたびでは、ポケカルと提携し、OPクレジットカード会員さまは、ポケカルの全ツアー・イベントを3%割引でご利用いただけるようになりました。(2020年2月20日以降のお申込み分より) ※バスツアー、チケット(歌舞伎・舞台・コンサートなど)、現地払い商品、ポケカルでの他社代売商品は割引対象外となります。   ポケカル申込方法 ■オンライン申込■ 当まなたびサイトから、ポケカルウエブサイトに行き、ご希望のツアー・日程を選択し、OPクレジットカードで決済いただくと、3%割引が適用されます。 ポケカルサイトは定価表示となっております。お申込み画面に遷移して初めて割引価格が表示されます。 割引は、下記ボタンからポケカルサイトにお進みいただいてのお申込みが対象となります。検索やブックマーク等により、直接同サイトにアクセスした場合は、原則として適用されません。 「バスツアー」「チケット商品」は3%割引の対象外となります。対象外の商品を申込みされた場合、ポケカルお客様センターからご連絡のうえ、お申込みの取り消し、又は定価への変更をさせていただきますので予めご了承ください。   ※この先はポケカルウエブサイトになります   ■電話での申込■ ポケカルウエブサイトでご希望のツアー、日程をお決めいただいた後、下記の「ポケカル 小田急専用ダイヤル」に直接お申込みください。 オペレーターが必要事項を伺います。「小田急まなたび会員」とお申し出いただき、ご希望ツアーのイベントコード7桁(ポケカルサイト上では、Pで始まる7桁がイベントコードです)、申込人数、電話番号、住所、OPクレジットカード番号・有効期限をお伝えください。 ポケカル 小田急専用ダイヤル 0570-055-776   (9:00~18:00 年中無休) 旅行企画・実施 株式会社ポケットカルチャー 東京都知事登録旅行業第2-7696号/(一社)日本旅行業協会正会員 東京都中央区日本橋小網町16-1 タナベビル2F TEL:03-5623-9302 ※(株)ポケットカルチャーの個人情報保護方針 > ※(株)ポケットカルチャーの利用バス会社 >  

日時・時間
参加費

NEW
一般参加可

公開イベント/歴史散策&街歩き

流人道中記ウォーキング【第3回】

歴史専門ガイド菅原司郎・中島令子・青柳祐馬などのスペシャリストによって小説の舞台をご案内! また、連載時に好評だった宇野信哉氏の趣ある挿絵を、スタンプ帳のシールにしてご用意。 こちらを集めながら、毎回作品の世界を旅する気分を味わっていただけます。 江戸から日光東照宮までの全17回のコースです。   【第3回】 梅島駅集合…将軍家御成橋御成道松並木跡…浅間神社…火あぶり地蔵…草加宿…昼食…草加松原…獨協大学前駅解散   草加宿は元々、沼沢地でした。 徳川家康が通行する際に柳の木や茅を束ねて、それらを埋め込んで道を造りました。 そして家康が「草でも役に立つ」と誉めたことから、「草加」という名前が付きました。 草加では素晴らしい松並木が私たちを出迎えてくれます。 (歩行距離約8.5km)       ★流人道中記とは★ 時は万延元年(1860)夏、桜田門外の変が起きて間もない 頃。姦通の罪を犯した旗本の青山玄蕃(35)は、蝦夷・松前 藩への「預」が決まった。 押送を命じられたのは、まだ19歳 と若い南町奉行所見習与力の石川乙次郎。 物語は、二人が 江戸から奥州街道を北上し、蝦夷地へと向かう旅を描く。     ★流人道中記ウォーキング今後のスケジュール★ 【第1回】評定所~浅草  ①4月13日(月) ②4月18日(土) 【第2回】浅草~日光街道最初の宿場町「千住宿」 5月16日(土) 【第3回】草加塾 6月20日(土) 【第4回】宿場町越ケ谷宿  7月18日(土) 第5回~第13回は現地集合、第14回~16回は日帰りバス、第17回は1泊2日バスの予定です。   ★「流人道中記」発行記念特別企画 浅田次郎講演会「江戸の旅」のお知らせ★ 旅や鉄道をテーマにした多くの作品で知られる浅田先生を講師に迎えて「旅」「流人道中記」の執筆の秘話などを語っていただく予定です。 イベントページはこちらから

日時・時間

2020年6月20日(土)10:00〜15:30頃【第3回】

参加費

OPクレジットカード会員さま 5,500円 (一般価格6,300円)

※昼食付

NEW
一般参加可

公開イベント/歴史散策&街歩き

流人道中記ウォーキング【第4回】

歴史専門ガイド菅原司郎・中島令子・青柳祐馬などのスペシャリストによって小説の舞台をご案内! また、連載時に好評だった宇野信哉氏の趣ある挿絵を、スタンプ帳のシールにしてご用意。 こちらを集めながら、毎回作品の世界を旅する気分を味わっていただけます。 江戸から日光東照宮までの全17回のコースです。     【第4回】 獨協大学前駅集合…蒲生の一里塚…明治天皇田植御覧之處碑…窮民救済の碑…越ヶ谷宿…昼食…香取神社…大袋駅解散 日光街道3番目の宿場町越ケ谷宿は、元々、将軍の御殿のあった場所だったと言われます。 越ケ谷宿では「二」と「六」のつく日に市が立ち、大いに賑わったと言います。 現在でも古い佇まいの蔵や古民家が残っています。 (歩行距離約10.5km)       ★流人道中記とは★ 時は万延元年(1860)夏、桜田門外の変が起きて間もない 頃。姦通の罪を犯した旗本の青山玄蕃(35)は、蝦夷・松前 藩への「預」が決まった。 押送を命じられたのは、まだ19歳 と若い南町奉行所見習与力の石川乙次郎。 物語は、二人が 江戸から奥州街道を北上し、蝦夷地へと向かう旅を描く。   ★流人道中記ウォーキング今後のスケジュール★ 【第1回】評定所~浅草  ①4月13日(月) ②4月18日(土) 【第2回】浅草~日光街道最初の宿場町「千住宿」 5月16日(土) 【第3回】草加塾 6月20日(土) 【第4回】宿場町越ケ谷宿  7月18日(土) 第5回~第13回は現地集合、第14回~16回は日帰りバス、第17回は1泊2日バスの予定です。

日時・時間

2020年7月18日(土)10:00〜15:30頃

参加費

OPクレジットカード会員さま 5,500円 (一般価格6,300円)

※昼食付

NEW
一般参加可

公開イベント/文化

「流人道中記」発行記念特別企画 浅田次郎講演会「江戸の旅」

旅や鉄道をテーマにした多くの作品で知られる浅田先生を講師に迎えて「旅」「流人道中記」の執筆の秘話などを語っていただく予定です。 〔 第1部〕歴史専門ガイドによる流人道中記ウォーキングのご紹介 〔 第2部〕浅田次郎講演会 サイン本つきにお申し込みの方には、 「流人道中記(上巻)」(中央公論新社)のサイン本をお渡しいたします。     ※座席は全席自由席です。お申込み先着順指定席ではございません。 ※サイン本につきましては、受付時にスタッフよりお渡し予定です。当日はサイン会形式ではございません。 今回一般のお客様もお申込みいただけますが、 小田急ポイントカードをお持ちでないお客様はぜひこの機会にご入会ください。 (入会無料) 当日ポイントカードもご用意させていただきます。     お申込みと同時に申し込み完了メールが届く設定になっておりますが、メールが届かない場合、 恐れ入りますが、以下の設定をご確認お願いいたします。   (1)お客様のメールソフトの受信設定をご確認ください 受信設定をされたご記憶がない場合も、初期設定されている可能性もありますのでご確認ください。 【ドメイン指定をされている場合】 「@odakyu-manatabi.jp」からのメール受信許可設定をしてください 【メールアドレス指定をされている場合】 「info@odakyu-manatabi.jp」からのメール受信許可設定をしてください ドメイン指定等の原因で、その設定を変更いただいた場合には、再度メールを送信いたしますので下記の「小田急まなたび受付ダイヤル」にご連絡ください。弊社、営業時間内でご連絡させて頂きます。 (2)迷惑メールフォルダ内をご確認ください 特にフリーメール(Yahoo!メール、Gmailなど)をご利用の場合、サーバー側で誤って迷惑メールとして自動的に振り分けられている場合があります。その際は、迷惑メールフォルダの設定をお願い致します。 (3)ご入力いただいたメールアドレスをご確認ください メールアドレスに誤りがあった場合には、MYページにログインし、「会員登録内容変更(入力ページ)」にて変更してください。   Gmailなどのフリーメールにつきましては、メール受信に数時間~数日遅延することがございます。 翌日になっても届いていない場合は、恐れ入りますが下記のお問い合わせ先にご連絡くださいませ。       ★流人道中記とは★ 時は万延元年(1860)夏、桜田門外の変が起きて間もない 頃。姦通の罪を犯した旗本の青山玄蕃(35)は、蝦夷・松前 藩への「預」が決まった。 押送を命じられたのは、まだ19歳 と若い南町奉行所見習与力の石川乙次郎。 物語は、二人が 江戸から奥州街道を北上し、蝦夷地へと向かう旅を描く。     ★流人道中記ウォーキング今後のスケジュール★ 【第1回】評定所~浅草  ①4月13日(月) ②4月18日(土) 【第2回】浅草~日光街道最初の宿場町「千住宿」 5月16日(土) 【第3回】草加塾 6月20日(土) 【第4回】宿場町越ケ谷宿  7月18日(土) 第5回~第13回は現地集合、第14回~16回は日帰りバス、第17回は1泊2日バスの予定です。

日時・時間

2020年3月29日(日)17:30~19:30 (開場16:30予定)

参加費

OPクレジットカード会員さま  サイン本付き5500円(一般価格6,100円)
OPクレジットカード会員さま  サイン本無し3,800円(一般価格4,400円)

 

NEW
一般参加可

公開イベント/歴史散策&街歩き

流人道中記ウォーキング【第1回】評定所~浅草

歴史専門ガイド菅原司郎・中島令子・青柳祐馬などのスペシャリストによって小説の舞台をご案内! また、連載時に好評だった宇野信哉氏の趣ある挿絵を、スタンプ帳のシールにしてご用意。 こちらを集めながら、毎回作品の世界を旅する気分を味わっていただけます。 江戸から日光東照宮までの全17回のコースです。   「流人道中記」のストーリーに基き、評定所から出発し、日光街道を歩きます。 日光道中とは、日光東照宮の成り立ちとともに、五街道の一つとして整 備され、寛永13年(1636)江戸日本橋~下野国日光鉢石(はついし) 間に開通しました。 江戸から日光までの約36里(143km)、21宿を結 ぶこの街道は、日光東照宮への参詣の道としての賑わいに加え、参勤 交代の大名の通行も多かったといいます。 浅田次郎・著『流人道中記』はまさにこの道中を旅する二人の男の物語。 昨年、読売新聞朝刊に連載されて大反響を 呼び、今年三月に単行本として刊行されます。 このたび【学び】「浅田次郎先生の講演会」と 【旅】「流人道中記ウォーキング」の「まなたび」 をスタートします!   第1回は小伝馬牢屋敷跡、浅草御蔵跡など物語にゆかりのある場所をご案内。 ※第1回のみ2日程ご用意いたしました。内容は同じです。 和田倉御門集合…評定所跡…日本橋…小伝馬町牢屋敷跡…浅草御門跡…浅草御蔵跡…浅草駅解散(歩行距離約7km)         ★流人道中記とは★ 時は万延元年(1860)夏、桜田門外の変が起きて間もない 頃。姦通の罪を犯した旗本の青山玄蕃(35)は、蝦夷・松前 藩への「預」が決まった。 押送を命じられたのは、まだ19歳 と若い南町奉行所見習与力の石川乙次郎。 物語は、二人が 江戸から奥州街道を北上し、蝦夷地へと向かう旅を描く。       ★流人道中記ウォーキング今後のスケジュール★ 【第1回】評定所~浅草  ①4月13日(月) ②4月18日(土) 【第2回】浅草~日光街道最初の宿場町「千住宿」 5月16日(土) 【第3回】草加塾 6月20日(土) 【第4回】宿場町越ケ谷宿  7月18日(土) 第5回~第13回は現地集合、第14回~16回は日帰りバス、第17回は1泊2日バスの予定です。   ★「流人道中記」発行記念特別企画 浅田次郎講演会「江戸の旅」のお知らせ★ 旅や鉄道をテーマにした多くの作品で知られる浅田先生を講師に迎えて「旅」「流人道中記」の執筆の秘話などを語っていただく予定です。 イベントページはこちらから  

日時・時間

2020年4月13日(月)10:00〜15:30頃

2020年4月18日(土)10:00〜15:30頃

参加費

OPクレジットカード会員さま 2,900 円 (一般価格3,500円)

※昼食付

NEW
一般参加可

公開イベント/歴史散策&街歩き

流人道中記ウォーキング【第2回】

歴史専門ガイド菅原司郎・中島令子・青柳祐馬などのスペシャリストによって小説の舞台をご案内! また、連載時に好評だった宇野信哉氏の趣ある挿絵を、スタンプ帳のシールにしてご用意。 こちらを集めながら、毎回作品の世界を旅する気分を味わっていただけます。 江戸から日光東照宮までの全17回のコースです。   【第2回】 浅草駅集合…山谷堀跡…泪橋跡…小塚原刑場跡…素戔嗚神社…千住宿…昼食…千住の一里塚跡…梅島駅解散   浅草から日光街道最初の宿場町「千住宿」へ向かいます。 宿場の手前にある小塚原刑場は、品川にある鈴ヶ森刑場と共に、江戸で罪を犯した者を処刑していた場所でした。 現在は罪人を供養する「首切り地蔵」が鎮座しています。 千住大橋は宿場の南北を繋ぐ日光街道の要衝で、架橋は文禄3年(1594)と隅田川に架かる橋としては最古のものとなります。 千住宿は江戸四宿の中で品川宿と並び、大変賑わった宿場で、多くの人びとが交錯した場所でした。 現在も北千住の町並みにその賑わいを思わせる史跡が数多く残っています。 小塚原刑場跡、千住一里塚跡などの物語にゆかりのある場所を行きます。 (歩行距離約8.5km) HORIZON_0001_BURST20200207121954098_COVER.JPG         ★流人道中記とは★ 時は万延元年(1860)夏、桜田門外の変が起きて間もない 頃。姦通の罪を犯した旗本の青山玄蕃(35)は、蝦夷・松前 藩への「預」が決まった。 押送を命じられたのは、まだ19歳 と若い南町奉行所見習与力の石川乙次郎。 物語は、二人が 江戸から奥州街道を北上し、蝦夷地へと向かう旅を描く。     ★流人道中記ウォーキング今後のスケジュール★ 【第1回】評定所~浅草  ①4月13日(月) ②4月18日(土) 【第2回】浅草~日光街道最初の宿場町「千住宿」 5月16日(土) 【第3回】草加塾 6月20日(土) 【第4回】宿場町越ケ谷宿  7月18日(土) 第5回~第13回は現地集合、第14回~16回は日帰りバス、第17回は1泊2日バスの予定です。   ★「流人道中記」発行記念特別企画 浅田次郎講演会「江戸の旅」のお知らせ★ 旅や鉄道をテーマにした多くの作品で知られる浅田先生を講師に迎えて「旅」「流人道中記」の執筆の秘話などを語っていただく予定です。 イベントページはこちらから

日時・時間

2020年5月16日(土)10:00〜15:30頃

参加費

OPクレジットカード会員さま 5,500円 (一般価格6,300円)

※昼食付

NEW
一般参加可

公開イベント/歴史散策&街歩き/小田急沿線再発見

《第2期》神奈川龍めぐり前編(全10回)第4回 座間

「神奈川龍めぐり」は、古くから神社の守護神として多くの神社仏閣に残されている「龍」をテーマに、身近に埋もれた日本の伝統的な芸術「宮彫り」の価値を地域の皆さまと再発見するツアーです。前編(全10回)では、五頭龍伝説の残る江の島から龍神(高おかみ神)の棲む大山まで22の「龍の寺社」を順番に歩いて訪ねます。縁起の良いとされる龍神の中から、ご自身の守護神(ガーディアン)と出会える旅になるかもしれません。     ≪宮彫りとは≫ 主に桃山時代から江戸末期にかけて各地に建立された神社仏閣には、宮大工や彫物大工が精緻な技を競いあったといわれる装飾彫刻(宮彫り)が残されています。江戸後期、関西の彫り師に「関東に行ったら波を彫るな、伊八がいる」と言わしめた彫り師「波の伊八」(初代武志伊八信由)による波の彫刻(下左図)は、世界的に評価の高い葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」に多大な影響を与えたと言われています。   こうした「宮彫り」は、神社仏閣の本堂や拝殿、山門等に多数残されていますが、仏像のように本堂の中で大切に保存されてきたものは僅かで、長い間人知れず風雨に晒され、経年劣化とともにその存在が危ぶまれている芸術性の高い作品が少なくありません。 神奈川県には、鎌倉・箱根など各地に約3,000ヵ所の寺社があると言われ、その多くには、龍の彫刻が遺されています。「龍を彫らせたら右に出る者はいない」と言われた後藤利兵衛義光や、初代「波の伊八」の流れをくむ彫り師たちの作品を、神奈川で観ることができます。   神奈川龍めぐり前編第4回 座間   座間神社社殿は、江戸城築城に携わった神奈川の半原宮大工、矢内家十二代安則の作です。棟梁は彫り物(宮彫り)が上手なくては務まらないと言われ、その名工の技が観られます。その後、十五代矢内稲太郎高徳が向拝を改修しました。星谷寺の宮彫りは、神奈川県、特に県央から三浦半島に作品を残した大菊二代正国の龍があります。大和市の深見神社、金沢八景の龍華寺にもその作品が観られます。   【コース】座間駅(9:30集合/出発)…★星谷寺…★座間神社…宗仲寺(本堂内格天井龍図見学のみ)…相武台前駅(現地解散13:00頃) 歩行距離約4.6km *マーク案内  …徒歩   ※《第1期》の第4回と同じ内容です。 ※小雨実施。現地事情等によりコースの一部を変更することがあります。 ※当日、寺社の都合により御朱印がいただけない場合がございます。 神奈川龍めぐり前編 用 特製御朱印帳 表紙には龍の絵柄をあしらい、「前編」で訪れるすべての神社仏閣ごとの由緒や龍の解説を盛り込んだオリジナル御朱印帳をご用意しました。ぜひ一冊お持ちいただき、「龍めぐり」をお楽しみください。前編で訪ねる22寺社中、御朱印は、21の寺社でいただくことができます。 ※表紙の絵柄はイメージです。       ■神奈川龍めぐり 前編(全10回)の日程 ❶第1回 江の島              2019年11月9日(土)江島神社、龍口寺、龍口明神社 ❷第2回 藤沢                 2019年12月1日(日)鵠沼伏見稲荷神社、白旗神社、遊行寺 ❸第3回 大和                 2019年12月22日(日)深見神社、下鶴間諏訪神社 ❹第4回 座間                 2020年1月18日(土)星谷寺・座間神社 ❺第5回 綾瀬・海老名   2020年2月8日(土)五社神社・大谷観音堂 ❻第6回 海老名             2020年2月29日(土)有鹿神社・善教寺 ❼第7回 厚木                 2020年3月21日(土)長谷寺・本禅寺 ❽第8回 伊勢原1          2020年4月11日(土)日向薬師・高部屋神社 ❾第9回 伊勢原2         2020年5月9日(土)上粕谷神社・子易比々多神社 ❿第10回 伊勢原3       2020年5月30日(土)大山寺・阿夫利神社下社   ■神奈川龍めぐり 前編(全10回)『第2期』の日程 ご好評により、同じ内容で「第2期」を設定させていただきました。 ❶第1回 江の島              2020年1月25日(土)江島神社、龍口寺、龍口明神社 ❷第2回 藤沢                 2020年2月22日(土)鵠沼伏見稲荷神社、白旗神社、遊行寺 ❸第3回 大和                 2020年3月14日(土) 深見神社、下鶴間諏訪神社 ❹第4回 座間                 2020年4月5日(日)星谷寺・座間神社 ❺第5回 綾瀬・海老名   2020年4月25日(土)五社神社・大谷観音堂        

日時・時間

2020年4月5日(日) 9:30~13:00頃

参加費

OPクレジットカード会員さま  2,700円

OPクレジットカード会員以外のお客さま 3,500円

 

NEW
一般参加可

公開イベント/歴史散策&街歩き/小田急沿線再発見

《第2期》神奈川龍めぐり前編(全10回)第5回 綾瀬・海老名

「神奈川龍めぐり」は、古くから神社の守護神として多くの神社仏閣に残されている「龍」をテーマに、身近に埋もれた日本の伝統的な芸術「宮彫り」の価値を地域の皆さまと再発見するツアーです。前編(全10回)では、五頭龍伝説の残る江の島から龍神(高おかみ神)の棲む大山まで22の「龍の寺社」を順番に歩いて訪ねます。縁起の良いとされる龍神の中から、ご自身の守護神(ガーディアン)と出会える旅になるかもしれません。     ≪宮彫りとは≫ 主に桃山時代から江戸末期にかけて各地に建立された神社仏閣には、宮大工や彫物大工が精緻な技を競いあったといわれる装飾彫刻(宮彫り)が残されています。江戸後期、関西の彫り師に「関東に行ったら波を彫るな、伊八がいる」と言わしめた彫り師「波の伊八」(初代武志伊八信由)による波の彫刻(下左図)は、世界的に評価の高い葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」に多大な影響を与えたと言われています。   こうした「宮彫り」は、神社仏閣の本堂や拝殿、山門等に多数残されていますが、仏像のように本堂の中で大切に保存されてきたものは僅かで、長い間人知れず風雨に晒され、経年劣化とともにその存在が危ぶまれている芸術性の高い作品が少なくありません。 神奈川県には、鎌倉・箱根など各地に約3,000ヵ所の寺社があると言われ、その多くには、龍の彫刻が遺されています。「龍を彫らせたら右に出る者はいない」と言われた後藤利兵衛義光や、初代「波の伊八」の流れをくむ彫り師たちの作品を、神奈川で観ることができます。   神奈川龍めぐり前編第5回 綾瀬・海老名 神奈川県各地に残る龍伝説、昔話の中でも大谷観音堂向拝中備の龍の「水飲み龍」「釘づけの龍」の話は一興です。五社神社の宮彫りは、江戸で修業をし、神奈川に戻り、一元流を残した初代一元圀造(国三)の三代目、永田伊助の龍が拝殿に鎮座しています。   【コース】海老名駅(10:00集合/出発)=★大谷観音堂(御朱印なし)…★五社神社…海老名サービスエリア(現地解散12:30頃) 歩行距離約3.6km *マーク案内  …徒歩 =路線バス≪運賃180円は、各自でご負担をお願いします≫ 海老名SAからのお帰りは、海老名駅まで海老名市コミュニティバス(運賃150円)をご利用ください。   ※《第1期》の第5回と同じ内容です。 ※小雨実施。現地事情等によりコースの一部を変更することがあります。 ※当日、寺社の都合により御朱印がいただけない場合がございます。 神奈川龍めぐり前編 用 特製御朱印帳 表紙には龍の絵柄をあしらい、「前編」で訪れるすべての神社仏閣ごとの由緒や龍の解説を盛り込んだオリジナル御朱印帳をご用意しました。ぜひ一冊お持ちいただき、「龍めぐり」をお楽しみください。前編で訪ねる22寺社中、御朱印は、21の寺社でいただくことができます。 ※表紙の絵柄はイメージです。       ■神奈川龍めぐり 前編(全10回)の日程 ❶第1回 江の島              2019年11月9日(土)江島神社、龍口寺、龍口明神社 ❷第2回 藤沢                 2019年12月1日(日)鵠沼伏見稲荷神社、白旗神社、遊行寺 ❸第3回 大和                 2019年12月22日(日)深見神社、下鶴間諏訪神社 ❹第4回 座間                 2020年1月18日(土)星谷寺・座間神社 ❺第5回 綾瀬・海老名   2020年2月8日(土)五社神社・大谷観音堂 ❻第6回 海老名             2020年2月29日(土)有鹿神社・善教寺 ❼第7回 厚木                 2020年3月21日(土)長谷寺・本禅寺 ❽第8回 伊勢原1          2020年4月11日(土)日向薬師・高部屋神社 ❾第9回 伊勢原2         2020年5月9日(土)上粕谷神社・子易比々多神社 ❿第10回 伊勢原3       2020年5月30日(土)大山寺・阿夫利神社下社   ■神奈川龍めぐり 前編(全10回)『第2期』の日程 ご好評により、同じ内容で「第2期」を設定させていただきました。 ❶第1回 江の島              2020年1月25日(土)江島神社、龍口寺、龍口明神社 ❷第2回 藤沢                 2020年2月22日(土)鵠沼伏見稲荷神社、白旗神社、遊行寺 ❸第3回 大和                 2020年3月14日(土) 深見神社、下鶴間諏訪神社 ❹第4回 座間                 2020年4月5日(日)星谷寺・座間神社 ❺第5回 綾瀬・海老名   2020年4月25日(土)五社神社・大谷観音堂      

日時・時間

2020年4月25日(土) 10:00~12:30頃

参加費

OPクレジットカード会員さま  2,700円

OPクレジットカード会員以外のお客さま 3,500円

NEW

音楽・芸能/セブンアカデミー 講座

朝夏まなとさんに聞く ミュージカル『モダン・ミリー』の世界~公演チケット付き~

トニー賞作品賞ほか5部門受賞の大ヒットブロードウェイミュージカル「モダン・ミリー」の日本版が上演されます! 主演のミリーを演じる朝夏まなとさんと演出家の小林香さんが、本作品の見どころや楽曲の魅力など様々にお話します。 当日は、舞台終演後に駆けつけるので、その熱気もお楽しみください! 演出家の小林香さんと対談形式で講義する予定です。   公演チケットは事前に世界文化社より郵送させていただきます。 ご希望の日程いずれかをお選びください。 【会場につきまして】 ・会場は、アルカディア市ヶ谷(最寄り駅:市ヶ谷駅)となります。 ・開場は17:30となります。それまではお並びいただけません。 ・座席は抽選式指定席となります。   講義内容に関するお問い合わせ先 セブンアカデミー 03-6697-0771 10:00~17:00  土日祝を除く ※セブンアカデミーとは、『家庭画報』などを出版する世界文化社が手がける会員制(入会金5,500円)のカルチャー教室です。当講座は、セブンアカデミー会員と同じ教室での受講になります。

日時・時間

2020年4月12日(日)18:30~19:50【講義】

2020年4月13日(月)13時開演【公演①】

2020年4月18日(土)12時開演【公演②】

参加費

OPクレジットカード会員さま 14,750円

(公演チケット付き)

NEW

歴史散策&街歩き/文化/東海大学 生涯学習講座

隅田川を歩く第4回【全4回】 浅草より両国・浜町・佃島を経て勝鬨橋まで

かつては江戸の生活や文化の中に根ざしていた隅田川。近年の環境整備で、新たな形で水辺の賑わいを取り戻しつつあります。この講座では、北区の岩淵水門を起点に、沿川7区を南北に流れ東京湾に注ぐ全長23.5kmを4回に分け、その歴史の跡をたどります。最終回は、浅草より、蔵前橋、清洲橋、永代橋をめぐり、住吉神社に古き良き江戸を偲び、勝鬨橋より河口を望みます。   コース 【マーク案内】 … 徒歩 東武浅草駅(10:00)…駒形橋…廐橋…蔵前橋…両国…両国橋…薬研堀…浜町…(昼食12:00 ~13:00)…清洲橋…永代橋…中央大橋…佃島・住吉神社…月島…勝鬨橋(隅田川河口)…築地駅(東京メトロ日比谷線/16:00 解散予定) 歩く距離 午前:3km 午後:4.5km(予定)   服装・持ち物:歩きやすい服装・靴 ※雨天実施。現地事情によりコースの一部を変更することがあります。 ※イヤホンガイド付   講義内容に関するお問い合わせ先 東海大学地域連携センター 0463-50-2202(10:00~17:00 土日祝日および大学の定める休業期間を除く)     開講日程 全1回,金曜日 10:00集合

日時・時間

2020年4月17日(金)10:00集合

参加費

OP クレジットカード会員特別価格 8,000円 

NEW

文化/東海大学 生涯学習講座

水彩画「人物画」を描こう【全3回】

この講座は、人物をモチーフに水彩画を描く講座です。本学教養学部芸術学科の教員が優しく、分かりやすく、順を追って実技指導をします。まずはデッサン、クロッキーを行い、人物の動きを捉えます。次に水彩画にデッサンを描き、構図を考えます。最後に水彩絵の具を使って人物画を完成させます。描いていくうちに、色々な技術やコツを習得できるよう指導をしていきます。 *対象レベル:未経験者、経験者 持ち物 第1回:鉛筆(2B~4B)、消しゴム、カッターナイフ 第2・3回:鉛筆(2B~4B)、消しゴム、カッターナイフ、水彩絵の具(12色程度)、筆(水彩用丸筆4,6,8,10号)、水彩パレット、筆 拭き用雑巾※各自で用意 (画用紙、カルトン、筆洗い用バケツは当センターで用意します。) 服装:絵の具で汚れてもいい服(エプロンなどを持参)   講義内容に関するお問い合わせ先 東海大学地域連携センター 0463-50-2202(10:00~17:00 土日祝日および大学の定める休業期間を除く)   開講日程 全3回,土曜日 13:00~16:00

日時・時間

2020年5月16日(土)13:00~16:00(第1回)

参加費

OP クレジットカード会員特別価格5,400円+材料費3,000円