特集・コラム

STANDARD FLOWER

2019年11月25日

STANDARD FLOWER Vol.11 クリスマスの花で色めく年末を。

フラワーアーティストの前田有紀さんが、「もっと気軽に暮らしに花を」をテーマに、季節を代表する花とその楽しみ方を紹介する「STANDARD FLOWER. by YUKI MAEDA」。気軽に手に入る見慣れたお花でもちょっとした工夫で、毎日を素敵に彩ってくれるはず。
今回は、特別にクリスマスのシーンにふさわしい、ツリー・アレンジメントとインテリアのマリアージュ。皆さまが心温まる聖夜をすごせるように願いを込めて。
前田有紀
フラワーアーティスト。元テレビ朝日アナウンサー。10年間テレビ局に勤務した後、2013年イギリスに留学。コッツウォルズ・グロセスター州の古城で見習いガーデナーとして働いたのち、都内のフラワーショップで2年半の修行を積む。「人の暮らしの中で、花と緑をもっと身近にしたい!」という思いから、イベントやウエディングの装飾や作品制作など、さまざまな空間での花のあり方を提案する。
幸せを願って、
ツリーを飾る。
「面倒だな」と思いながらもどうしたってこの季節になるとツリーやリースを飾りたくなりますよね。家族や友人とのパーティに飾ったり、プレゼントに添えたりと、草花が活躍する時季です。ということは、お花屋さんがとても忙しい時季でもあります。もみの木など針葉樹を多く扱うと、樹木から出てくるヤニで手が真っ黒になりますが、クリスマスの幸せなシーンを想像すると、心温まるような気持ちです。最近では、もみの木だけでなく、ゴールドクレストなど、自宅でも楽しみやすいさまざまな生木のツリーが店頭に並びます。針葉樹は、ヨーロッパではとても縁起のいいものとされ、家族の末長い幸せや健康を願って、冬の季節に飾られてきました。香りも種類によって少しずつ違うので、お気に入りを見つけて生木のツリーにトライしてみるのもおすすめです。
年の終わりに
華やかなアレンジを。
今回は、クリスマスツリーに合わせた草花を選んでみました。針葉樹に合わせて、リューカデンドロンやユーカリなど、そのままドライフラワーとしても楽しめる個性的な草花を束ねるとクリスマスに壁に飾って楽しめるスワッグ(写真3枚目)になります。さまざまな草花を大胆に混ぜて、賑やかなに空間を演出してみてください。普段は、出番のない華やかな色合いの花瓶も、可愛らしいオーナメントや聖夜を彩るインテリア小物を周囲にさりげなく配置するだけで、空間に馴染んでくれます。小物選びに苦手意識のある方は、針葉樹の深い緑にぴったりな、赤・ゴールドのものを選んで。細かいことを気にされず、大胆に飾ってください。きっと聖なる夜なら、どんなアレンジメントでも、楽しく温かい気持ちにしてくれるはずです。さて、2019年もそろそろ終盤。今年を振り返りながら、クリスマスの準備、楽しんでくださいね。
前田有紀さんセレクト
 スペシャルフラワーショップ 
NODE UEHARAの軒先にて、前田有紀さんがセレクトしたお花や雑貨をどなたでもご購入いただけます。
OPカードをお持ちの方は、カードのご提示で特典もございます。
日 時:12月7日(土)10:00~18:00
場 所:NODE UEHARA(最寄り駅:小田急線「代々木上原」駅 北口1番出口前すぐ)
駅チカのお花屋さん「小田急フローリスト」が、お花のお手入れに関する疑問にお答えします。わからないことがあれば、お近くの店舗スタッフにお尋ねください!
クリスマスアレンジに必要な道具はありますか?
クリスマスアレンジでよく使われる針葉樹は茎が硬いものが多いので、専用の花ハサミがあると安心。斜めにハサミを入れるとかたい枝も切りやすくなります。
針葉樹の取り扱いの注意点はありますか?
針葉樹はヤニで手がベタベタしやすいんです。たっぷりハンドクリームを塗っておけば、油を浮かせお湯で洗い流しやすくなります。
ドライフラワーにしたらいつまで?
針葉樹はドライフラワーにしてもそのまま形を残しますが、枯れてくるとポロポロと落ちてきます。一ヶ月くらいを目安にしましょう。
小田急フローリスト
お花のことなら、フラワーギフト専門店・小田急フローリスト。高品質なお花を誕生日、お供え花、記念日など用途に合わせてお届けします。花束、アレンジメント、プリザーブドフラワー、観葉植物、胡蝶蘭、各種豊富に取り揃えております。
2019年11月25日(月)~12月8日(日)の期間中
本画面と小田急ポイントカードを店頭でご提示し、
1,000円(税込)以上お買い上げで、10%OFF!
※一部割引対象外商品がございます。
無料壁紙ダウンロード
コラムに掲載されているお花の写真の壁紙を無料でダウンロードできます。
次回は12月25日更新予定です