特集・コラム

STANDARD FLOWER

2020年5月25日

STANDARD FLOWER Vol.17 夏を待つように咲く、紫陽花。

フラワーアーティストの前田有紀さんが、「もっと気軽に暮らしに花を」をテーマに、季節を代表する花とその楽しみ方を紹介する「STANDARD FLOWER. by YUKI MAEDA」。気軽に手に入る見慣れたお花でもちょっとした工夫で、毎日を素敵に彩ってくれるはず。
梅雨といえば真っ先に思い出す紫陽花。夏を待つように咲き誇る姿は私たちにとっても馴染み深い花です。
前田有紀
フラワーアーティスト。元テレビ朝日アナウンサー。10年間テレビ局に勤務した後、2013年イギリスに留学。コッツウォルズ・グロセスター州の古城で見習いガーデナーとして働いたのち、都内のフラワーショップで2年半の修行を積む。「人の暮らしの中で、花と緑をもっと身近にしたい!」という思いから、イベントやウエディングの装飾や作品制作など、さまざまな空間での花のあり方を提案する。
みずみずしく咲く、
梅雨の代名詞。
日本人にとても馴染みのある紫陽花。花屋さんではもちろん街角の植栽や線路沿いの花壇など、暮らしの中で見かけることも多いお花ですよね。なんと万葉集でも詠われたほど古くから身近な存在でした。梅雨時にみずみずしく輝く姿は、雨の憂鬱を忘れさせてくれるたくましさと風情を伴っています。私の住まいのある鎌倉では、明月院の階段の左右に咲き誇る紫陽花が有名ですが、お寺だけでなく家の庭に植えていることも多いので、散歩の途中でもよく目にします。そのボリュームのある花姿に目が行きますが、実は皆さんが目にしている大きな花は萼(ガク)の部分なんです! 飾り花とも言われています。本当のお花は、萼の奥に小さく咲いているのでよく顔を近づけてみないと見つけることができませんが、とっても可愛らしいので、見かけたらぜひよく観察してみてください。
多彩な紫陽花から、
オンリーワンを見つけて。
紫陽花の花の色…というと、ブルーや紫などをイメージされる方も多いと思います。近年では、品種改良が進んでいるので、イメージを変えてくれるようなたくさんの色合いが生花として販売されています。少しくすんでいたり、大人っぽいカラーのものなど、本当に多彩な色合いが楽しめるので、店頭でもハッとさせられるはずです。いつも同じ色の紫陽花に出会えるとは限らないので、「今日はどんな紫陽花に出会えるだろう?」とその一期一会は楽しみでもあります。値段も手頃で他のお花と合わせるのにもピッタリなので、まずは小ぶりの紫陽花を選んでみてください。数ある色合いから、あなたにとってオンリーワンの紫陽花に出会えること、そして素敵に飾ってもらえることを祈っています。
駅チカのお花屋さん「Hibiya-Kadan Style」が、お花のお手入れに関する疑問にお答えします。わからないことがあれば、お近くの店舗スタッフにお尋ねください!
紫陽花を飾るための準備は?
植物は、吸いあげた水を葉から蒸散します。特に紫陽花は、葉が大きく蒸散しやすい花。水切れを起こさないためにも、余計な葉は取りましょう。
長持ちさせるコツは?
茎を斜めに大きくカットしましょう。中に詰まった“ワタ”という白いものが、吸水の妨げに。ナイフやハサミなどの先で取り除きましょう。
しおれてきてしまった場合の対処法はありますか?
深水(ふかみず)をしてみましょう。大きなバケツに水をたっぷり張り、茎を下に花びらがすっぽり浸るまで沈めます。張りが戻ったら水をしっかりと拭いてください。
Hibiya-Kadan Style
お花のことなら、フラワーギフト専門店・Hibiya-Kadan Style。高品質なお花を誕生日、お供え花、記念日など用途に合わせてお届けします。花束、アレンジメント、プリザーブドフラワー、観葉植物、胡蝶蘭、各種豊富に取り揃えております。
いつもHIBIYA KADAN、Hibiya-Kadan Style、Reconnelをご愛顧いただきまして、 誠にありがとうございます。
新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、お客さまおよび従業員の安全を第一に考え、 一部店舗にて、営業を変更させていただきます。
詳しくは下記ご覧ください。
無料壁紙ダウンロード
コラムに掲載されているお花の写真の壁紙を無料でダウンロードできます。
次回は6月25日更新予定です