HOKUO
OPStyle

私の好きなHOKUOパン vol.17

HOKUO相模大野店の店長

相良真一郎(さがら・しんいちろう)さん

じつは相良さん、相模大野店だけではなく中央林間店など4店舗の店長を務めるお店のスペシャリストだ。それぞれによって少しずつ特徴の異なる店舗の中で、ここ、相模大野店は地元の方の強い愛に支えられているのを実感するのだとか。土日ともなれば親子連れのお客さまも多く訪れる相模大野店。駅直結の好アクセスに居心地の良いイートインスペース、お店でも焼きたてのパンを提供していたりと、特徴はたくさんありますが、何より、相良店長とパートさん達の明るい接客が地元の方に愛される理由ですね。

国産小麦シリーズというのが去年から店舗限定でラインナップされて、まずは新宿地区での販売だったんですよ。十勝あんバターも生クリーム食パンも、ネーミングの段階で惹きつけられまして、いずれ神奈川地区の店舗でも販売すると聞いていたので楽しみにしていました。北海道小麦の十勝あんバターですが、なんと言ってもバターとあんがサンドされている見た目が食欲をそそりますよね。すこしあたためるとジュワっと溶けたバターがあんに絡んで、甘さ控えめの粒あんとバターのしょっぱさがマッチして、もうたまりません。砂糖をひかえ目にしたシンプルな生地を使用しているので、よりあんこの美味しさが際立つ商品です。普段は甘いものをあまり食べないという男性の方にぜひお試しいただきたいですね。

今までも何種類か食パンは発売されているのですが、個人的にはこれが一番おいしいと思います。まずはトーストしたり、ジャムやバターをつけたりせず、そのまま召しあがってください。最初はやわらかさにびっくりします。そして次に噛めば噛むほど広がる深い味わいにもっと驚かされます。このしっとり感とコクは、この商品でしか味わえません。そのまま食べたい食パンですね。とは言え、トーストしてもおいしいんです。生クリームとバターが生地に練りこまれているので、トーストするとふんわりと風味が広がって、また違う食感と味わいが楽しめますよ。普通の食パンよりもすこし小さめになっているので、女性の方にはちょうどいいサイズです。北海道産小麦を使った国産小麦シリーズの2商品、既存のパンのイメージを覆すおいしさですので、ぜひ召しあがってください!