HOKUO
OPStyle

the Garden 新宿西口店

2

10月1日にリニューアルオープンして、「HOKUO the Garden」として生まれ変わった新宿西口店。白と木目を基調とした店内の雰囲気や新設されたカフェスペースの居心地の良さなど、まさにHOKUOのフラッグシップ店という趣だ。そしてこの「HOKUO the Garden 新宿西口店」は、ここだけにしかないさまざまなサービスがあるのだとか。ということで、田中康伸店長にお話を聞きました。

リニューアルして大変身!
カフェも併設した旗艦店

新宿駅は1日の乗降客数がとても多いターミナルなので、おかげさまで毎日たくさんのお客さまにご利用いただいています。平日の朝は通勤や通学のお客さま、そして土休日になればロマンスカーで箱根に観光に行かれるお客さまが多いですね。新宿駅構内の立地という特徴がよく表れていて面白いですね。

そして何と言っても、インバウンドのお客さまが大変多くいらっしゃるという点が新宿を象徴していると思います。やはりこれだけ種類が豊富なパン屋さんはめずらしいのか、トレーいっぱいにお買い物をされていく方が目立ちます。インバウンド対応として、外国語の案内サインやレジでのスタッフによる案内にも力を入れています。

リニューアルしてカフェスペースができてから、それまで朝と夕方という2つの大きなピークの他に、お昼を過ぎてもカフェ利用のお客さまが増えて、常にご利用いただけるようになりました。店舗とカフェとの相乗効果として、とてもうれしいですね。お客さまにも、よりおいしいパンの楽しみ方を提供していけたらいいなと思います。

ここだけにしかない!がたくさん
〝the Garden〟と呼ばれるワケ

「HOKUO the Garden 新宿西口店」では、ここでしかないサービスや取り組みがたくさんありますので、それらを紹介していきたいと思います。まず、パンシェルジュという資格を持ったスタッフがいて、パンのおいしい食べ方であったり、ドリンクとのマリアージュ(おすすめの組み合わせ)であったりというのをアドバイスさせていただいています。

カフェではこの店舗にしかないオリジナルメニューがあります。それが、「赤ワイン仕込みのビーフシチューパンプレート」です。じっくり煮込んだビーフシチューの上に4種類のチーズをのせて、サラダがついたボリューム満点な一品です。器になっているパンにも一工夫がしてあって、高性能のスチームコンベクションオーブンでパリッと香ばしく焼きあげたものをご提供しています。

そしてカフェには、お客さまのお好みに合わせてリベイクして召しあがっていただけるように、バルミューダのスチームオーブントースターが2台設置してあります。さらに、ここだけのサービスとして、「選べるミルク」というものがあります。これはラテメニューとして、コーヒーや紅茶に合わせるミルクを、牛乳、ソイミルク、アーモンドミルクの3種類からお選びいただけるサービスです。どのミルクも産地や製法にこだわったものを厳選しており、価格はすべて同じで大変おトクになっています。
この店舗だけ〝the Garden〟と付いているのは、やはりここだけにしかないさまざまなサービスがあるということです。新宿にお越しの際は、ぜひお立ち寄りください!

HOKUO the Garden
店長 田中康伸さん
パンシェルジュ
プロフェッショナル(2級)

リニューアルをしてお店の雰囲気がかなり明るくなりました。パッと欲しいものをすぐに買っていただいてもよし、ゆっくりとカフェでくつろいでいただいてもよし、お客さまひとりひとりが気軽に立ち寄れるお店にしていきたいと思います。

お店探訪コレクション