HOKUO
OPStyle

中央林間店

3


小田急線「中央林間駅」の改札を出てすぐにある店舗は、こぢんまりとしているけど、コーナーにあって採光もたっぷり、とってもお買い物しやすそうな素敵なお店です。小さなお店ならではの工夫がたくさんある中央林間店のヒミツを徳竹慶子店長にうかがいました。

お客さまファーストの視点で
セミセルフレジを全面導入

3月でオープンしてから約1年半という中央林間店の最大の特徴は、お客さまご自身にお支払いやお釣りの受け取りをしていただくセミセルフレジを導入したことです。はじめは戸惑っていらっしゃったお客さまも、衛生面での安心感も手伝って、今では「このレジいいわね」と言ってくださっています。お客さまに喜んでいただけるのが何よりですね。

中央林間店で店長をやらせていただくようになって約半年ほどなのですが、他のお店と比べて、お客さまの健康志向が高いと思います。全粒粉を使ったパンや国産小麦シリーズなどがとてもよく売れるんです。そういうことにも気を配りながら商品の陳列をアレンジしています。そういうふうに、お客さまの声をダイレクトに反映しやすいというのも小さなお店ならではの特徴だと思います。そうそう、トムティのファンのお客さまが何人かいらっしゃって、「かわいい」っていつもお声がけしてくださいます(笑)。

小さなお店だからこそ気づくこと
お客さまに愛されるお店を目指して

お客さまの声もあって、トングで取りづらい商品などは袋詰めして陳列するようにしています。そうすることで、商品が空気に触れずに新鮮さを保つこともできますし、何よりお買い物をスピーディーにできるということが大きいですね。やはり駅の改札を出てすぐの立地ということもあって、朝急いでお買い物をされるお客さまも多いので、そういうニーズにもお応えできているのかなと思います。

夕方以降にチョコレート系の商品がよく売れるというのも中央林間店の特徴かもしれません。しかも、スーツを着た男性のお客さまが結構買って行かれるんですよ。1日のお仕事を終えて、甘いものでリラックスしたい、その気持ちわかるなあって思いながら、心の中で「おつかれさまです!」って言ってます(笑)。これからも、お客さまのご希望やニーズを反映して、愛されるパン屋さんにしていきたいと思います。

中央林間店
店長 徳竹慶子さん
パンシェルジュ
ベーシック(3級)

朝は「行ってきます」、夜は「ただいま」、そう感じてもらえるアットホームなお店にしていけたらいいなと思います。朝昼晩、いつでもパンが食べたい!って思っていただけるように、おいしいパンをベストな状態でご提供していきたいです。

お店探訪コレクション