HOKUO
OPStyle

UPDATE:2019.2.1

店舗スタッフ編
〜後編〜

HOKUOの店長さんに集まってもらい、大好きなパンについてトークする座談会もいよいよ後編に突入!今回は、パン屋さんならではの裏技的なおいしいアレンジの仕方をいろいろ紹介してもらったり、あったらうれしいこんなパンというお題では、懐かしのメニューでついつい盛りあがったり。止まらないパン好きトークを召しあがれ!

トークテーマ①
おススメの食べ方

鈴木さん

優しい味わいが人気の定番商品「ハムロール」なんですけど、たまに気分でもうちょっとパンチのある味にしたいなと思う時があるんですよね。そういう時の一工夫で、パンに切り込みを入れて、そこにスライスチーズを挟んでトーストします。それだけで、また違った味わいが楽しめます。ハムとマヨネーズとコーンにチーズが加わって、ちょっとワンパク系の味が欲しいなっていう時にはおススメですね。

有江さん

なるほどね~。今すぐ試してみたい。

鈴木さん

パンチが欲しい気分なんですね(笑)。

有江さん

(笑)。わたしは2つあるんですけど。ひとつは「ホテルブレッド」です。そのままトーストしても、もちろんおいしいんですけど、そのおいしさをさらに引き立たせるためにフレンチトーストにするのをおススメします。ミルクの濃厚な風味と甘さがギュッと閉じ込められて朝から幸せな気分になりますよ。これ、じつはパートさんから教えてもらったんです。「やってみて!」って言われてやってみたらおいしくて、すごくハマりました。ぜひ、試してみてください!

有江さん鈴木さん

(笑)。

有江さん

それと、「北海道産小麦のサムソーチーズフランス」です。個人的にすごく好きなパンなんですけど、まずスライスしてもらって、トーストします。それにハチミツをかけて食べる! チーズの酸味とハチミツの甘さがお互いを引き立てあって芳醇な味わいが広がります。

米須さん

わたしは、「クッペノアジャンボ」です。お好みの厚さにスライスして、クリームチーズをのせて、さらにハチミツをかける、というのが大好きです。ちょっと優雅な気分にもなれますよ(笑)。あとは、スライスしたレーズンブレッドをトーストしていただく、というのもシンプルですけどおいしいのでおススメですね。

鈴木さん

どれもおいしそうですね。すごく参考になりました。有江さんが先ほど話されてましたけど、パン好きが集まっているHOKUOのお店の中でも特にパートさんの探究心はすごいですよね。

米須さん

そうですよね。

有江さん

そうだ、こんなのも教えてもらったんだ。

鈴木さん

何ですか?

有江さん

「北欧の食パン」を分厚くスライスして、真ん中をくり抜くんです。そこに前の晩につくってあまったシチューを入れて、上から溶けるチーズをかけてトーストして食べたらレストラン気分、というものです。

鈴木さん

すごい!

有江さん

主婦の方の探究心とアイデアはすごいです。

トークテーマ②
あったらいいなと思うパン

鈴木さん

チーズが好きなので、現在開催中のチーズフェアの商品はどれも魅力的ですね。個人的にはどんどんチーズ系の新商品が出てくることを期待しています。

米須さん

わたしは蒸しパンが好きなんですけど、じつは現在のラインナップにはないんですよ。過去にはあったんですけど、蒸しパンって作る工程においてけっこう手間がかかるみたいなんですよね。でもまた復活する日を心待ちにしています。特に黒糖の蒸しパンがあったらうれしいです(笑)。

有江さん

わたしも復刻希望になってしまうんですけど、「モンブロード」をもう一度!ですね~。メロンパンのクッキー生地にピーナツを練りこんだもので、その上にさらにピーナッツがのっていて、見た目はゴツゴツしているんですけど、けっこうファンが多かった商品なんですよね。

鈴木さん

たまにお客さまからも聞かれますね。「あのゴツゴツしたやつないの?」って。

有江さん

わたしが店長をしている亀有店って比較的新しいお店なんですけど、そこでも言われたんですよ。

鈴木さん

毎月16日に「トムティの日」という限定イベントをやっていて、その時だけの限定復刻商品が毎月一品あるので、もしかしたら「モンブロード」が復活する日も来るかもしれませんね。

米須さん

常連さんとのコミュニケーションにもなりますからね。

有江さん

すごくいい取り組みだと思う。我が社のことながら(笑)。

鈴木さん

魅力的な新商品や、長く愛される定番商品も含めて、本当にたくさんのパンに囲まれているのは幸せですね。

全員

ご来店をお待ちしています!

  • 店舗スタッフ編 〜前編〜
  • 店舗スタッフ編〜後編〜
  • 工場スタッフ編