月1連載 バックナンバー
小田急沿線にある「音楽を感じる」スポットを、ギター片手に日本中を旅して回るウルフルケイスケさんが訪れます。バンドで上京して以来ずっと小田急沿線を愛するウルフルケイスケさんならではの発見と驚きに満ちた、まさに〝MAGICAL CHAIN〟な瞬間を一緒に体験しましょう!
ライター:谷岡正浩 カメラマン:星野洋介

庶民的雰囲気がほっこりと

豪徳寺駅にやってました。

このあたりはケイスケさんがウルフルズ

大阪から上京したばかりのまっている場所

ということで、今回音楽スポットるのではなく、

あのしながら

MAGICAL CHAIN TRIPしちゃいます!

大阪から上京して
街の人たちのあたたかさに触れた
思い出の地
まず向かったのは、アルバイトをしていたレンタルビデオ屋さん「ドラマ」。駅からすぐの場所にあったということですが・・・残念ながらもう他のお店になっていました。「大阪から出て来て、あまりバンドがうまくいかなくて事務所からも給料がストップして、という中でメンバーそれぞれがアルバイトを始めることになった。その時に僕がお世話になったのが豪徳寺にあったレンタルビデオショップ。面接の時に年下の店長さんが音楽好きで僕のことを知っていてくれて『何やってるんですか!』って驚いて採用してくれた(笑)」とのこと。ちょうどウルフルズの2ndアルバムにして名盤『すっとばす』(1994年)がリリースされた頃の話だ。なんと、ミリオンセールスを達成した次作『バンザイ』(1996年)のレコーディングをやっている時もアルバイトをしていたのだとか。「ようやくバンドが上向いて来てアルバイトを辞めることになって送別会をやってくれたんやけど、僕は昼番が多かったから近所の主婦の人たちと一緒に働いていて。だから年上の主婦の人たちに『バンドがんばってね』って送り出してもらったのをすごく覚えてる。懐かしいな〜(笑)」。
そして通りがかりに発見したのは「満来」。お金がなかった当時のケイスケさんの胃袋を満たしてくれた心強い味方だった。「当時はラーメン一杯150円で、大盛りでも200円だった。このへんに住んでいたバンドマンはみんなお世話になったんじゃないかな」。残念ながら今は閉店してしまったが、お店の外観は残っていた。夢見たバンドマンたちを支えた往時の賑わいが一瞬見えたような気がした。
今やほとんど地元!?
勝手知ったる
豪徳寺商店街を散策
思い出の詰まった場所から、そのまま商店街散策へ。「ここのママと知り合いで、たまに友達とカラオケ大会やるよ(笑)」という「スナックanco」や、「ここも知り合い。もつ料理のお店で、青森煮干し中華そばが最高! 日曜のお昼限定なのでぜひ」という「もつ料理 ごうかく」など、バリバリ溢れる地元感! と、何気に通りかかった一軒のおもちゃ屋さんの前で足を止めたケイスケさん。「入ったことはないけど、ずっと営業されていて前からすごく気になっていた」のは、「おもちゃのとばり」。昔ながらのおもちゃ屋さんだ。失礼しまーす。お店の中はまさに夢の国。所狭しとおもちゃが並んでいる。今年で62年目を迎えるこちらの創業は昭和33年(1958年)ということで、東京タワーと同い歳だそうだ。「めちゃくちゃ先輩やね(笑)」。家族経営で今は先代のご両親から引き継いだ二代目がお店を守っている。ちょうどこの日も近所の子供が来店中。昔も今も変わらない風景だ。
昔からある店、新しくできた店、時代とともに移り変わって行くものはあるけれど、商店街の活気とそこで生活する人たちの息吹のようなものはずっと変わらない。「豪徳寺ってやっぱええ街やね!」
街中に溢れる猫グッズに導かれ、
招き猫の寺・
豪徳寺へ!
ぶらぶらと商店街を抜けて、豪徳寺へ。道すがらちらほら見かけるのは猫グッズ。それはもちろん豪徳寺が招き猫伝説のあるお寺だということと関係している。ちなみに豪徳寺商店街のイメージキャラクターになっているのも「たまにゃん」という猫のゆるキャラだ。「たまにゃんと彦根のひこにゃんは豪徳寺の白猫がモデルになっているから、言うたら親戚やね(笑)」。そうこうしているうちに到着しました。マラソンが趣味のケイスケさんは、ランニング途中でたまに豪徳寺に寄ってお参りをするのだそう。そして歴史好きのケイスケさん。豪徳寺と井伊家、彦根藩の関係など話し出したら止まりません。お参りをして、かの有名な「招福殿」へ。ここは招き猫の奉納所で、大小さまざまな招き猫がずらり! なんともフォトジェニックです。寺務所では大きいものから小さいものまで招き猫の販売をしています。ちなみに豪徳寺では、「招福猫児」と書きます。なんだかご利益ありそう。ケイスケさんもしっかり購入。願い事をして、それが叶ったら奉納しに来るのだそうです。都会の喧騒が嘘みたいな静けさに包まれる豪徳寺。
今回は懐かしい思い出の跡を辿ったり、ちょっといつもと違った「MAGICAL CHAIN TRIP」でした。さて、次はどこへ行こうかな?
  • ▲ 豪徳寺駅の改札を抜けたら招き猫がお出迎え。猫ポーズでごあいさつ。

  • ▲ こちらが「スナックanco」。「連載に写真が出てたらビックリするやろな〜(笑)」

  • ▲ 商店街のいたるところで猫グッズが。さすが豪徳寺、招き猫の街です!

  • ▲ 「招福猫児の由来」を真剣に読みふけるケイスケさん。ふむふむなるほど。

  • ▲ なんとも愛らしい豪徳寺の「招福猫児」。小判を持っていないのが特徴だ。

もつ料理 ごうかく
住所:東京都世田谷区豪徳寺1-41-5 工藤ビル2F
営業時間:18:00〜25:00
TEL:03-3439-1589
月曜・第一火曜定休

小田急ポイントカードをご提示で
お会計より5%OFF

おもちゃのとばり
住所:東京都世田谷区豪徳寺1-42-11
営業時間:12:30〜17:30
TEL:03-3420-5428
水曜定休(臨時休業あり)
豪徳寺
住所:東京都世田谷区豪徳寺2-24-7
拝観時間:6:00〜18:00 ※寺務所受付は9:00~16:30

次回(4月30日更新)は、古賀政男音楽博物館へトリップ!